初心者にオススメの無線綴じ冊子を解説

無線綴じ冊子というものをご存知でしょうか。無線綴じというのは製本をする際の方式の一つです。糸や針金を使わずに作るという意味の無線で初心者には難しいのではと考えがちですが、無線な分初心者でも作ることができる品と言えます。無線綴じ冊子は同人誌などといった初心者の方が作る冊子でも使うことができます。冊子にしたい原本をまずコピーします。コピーが済んだらページを半分に折っていきます。ポイントとしては背の部分にしっかりと折り目を入れることが大切です。カットをしないで作る場合は特にきっちり半分に折らないと見栄えが悪くなってしまいます。しっかりと折りこみをしたらずれないようにクリップで紙をとめて背の部分にボンドを付けて行きます。ボンドにしっかりとくっつくようにカバーをつけあとは重しをのせて圧着すれば出来上がります。

無線綴じ冊子にはさまざまな特徴があります

無線綴じ冊子はさまざまなタイプの冊子に数多く採用されています。製本をする際に糸や針金などといった線を使わないで行うことをいいます。メリットとしては中綴じと比べるとより多くのページを冊子にすることができるという点です。よく私たちの手元にある冊子で無線綴じが使われているのが商品カタログです。商品カタログなどは情報量がとても多いですので中綴じだと全てを綴ることが難しくなってしまいます。その点無線綴じであればたくさんのページを冊子にすることが可能です。また内容によって調整することができるという点でマニュアルやテキストにも無線綴じが使われています。論文や資料などのページ数が多いものもノリで綴じる無線綴じがおすすめです。本を開きやすいという点から文庫本にも数多く使われています。

なぜ種類によって無線綴じ冊子にするのか

無線綴じ冊子は、多くの冊子に採用されている製本の仕方です。他にも中綴じといった製本方法もあります。しかし中綴じではページ数が多くなる冊子の場合、製本が難しいですのでそういったときに無線綴じがおすすめとなるわけです。のりを使えば厚みがある冊子でも作ることができるため、とても厚い本であれば背表紙に文字を入れることも可能となります。本棚にしまった時に背表紙に文字が入っていると、とても見やすく管理もしやすいです。いちいち手に取って確認しなくても良いので判別もしやすくておすすめと言えます。また同じタイトルのもので巻数が多い冊子にも無線綴じはおすすめの手法と言えるわけです。のりでしっかりと接着する分、見開きがしっかり開かないという点と中綴じに比べると値段が若干上がるといったこともありますが、カタログやマニュアルなどの情報量が多いものにも使える無線綴じ冊子はおすすめの製本方法です。