初心者にも分かる無線綴じ冊子の活用法を伝授

無線綴じ冊子がどこで活躍しているのかというと、文庫本を持っていれば手にとってみてください。文庫本のほとんどは無線綴じと呼ばれる綴じ方が使われています。無線綴じ冊子にどのようなメリットがあって文庫本に使われているのか考えてみましょう。背表紙に注目してみると、平らでタイトルなどの文字が入っています。これは無線綴じの特徴の1つです。無線綴じとは、糸や針を使わずに本文の用紙を二つ折りにして固定します。無線綴じで使われているのは接着剤で、無線綴じの中でもさらにいくつかの綴じ方に分類できます。よく比較に挙がる綴じ方に、中綴じと呼ばれる手法が用いられます。中綴じは少ない枚数をまとめるときに使われる方法です。ステープラーで用紙を表紙に留めるため、家庭でも簡単にまとめる方法でもあります。

無線綴じ冊子を選ぶメリットは丈夫さにある

無線綴じ冊子にする最大のメリットは、丈夫さです。中綴じと比較すると穴を開けないため開いたり閉じたりするたびに針が紙に引っかかるようなこともありません。そして、背表紙が平らで真っ直ぐになることから本棚に入れてもどこにあるかわかりやすいこともメリットです。中綴じが少ないページ数をまとめることを得意とするのに対し、大量のページをまとめる際に重宝します。製本方式には、上製本いわゆるハードカバーと並製本と呼ばれる表紙と別に厚紙が入らないタイプの2つがあります。無線綴じの丈夫さは、並製本であればハードカバーには譲りますが、綴じ方の中では耐久性が高い綴じ方です。無線綴じと同じように接着剤だけで表紙と本文用紙をくっつけてまとめる綴じ方には、接着剤のつけ方に工夫したあじろ綴じ、接着剤自体を特殊なものにしたPUR綴じもあります。

無線綴じを選びたいシチュエーション

文庫本などに無線綴じ冊子が使われるメリットから、どのような場面で無線綴じを選ぶべきか思い浮かべてください。たとえば、アルバムがあります。写真を入れるアルバムは、少ない枚数のものは中綴じが用いられますが、背表紙のあるものでは無線綴じが用いられます。撮影した写真がたくさんあるとき、アルバムを選んだり、製本してもらうサービスを利用したりするなら無線綴じを選びましょう。中綴じよりも丈夫で、長期保存するページ数の多い冊子を作るためには無線綴じ冊子が適しているためです。ソフトカバーでも無線綴じの方が、紙が外れにくいためノートを選ぶときにも綴じ方を参考にしてみましょう。ノートが無線綴じであれば長く残す目的を果たすことができます。また、イベントなどで製本する機会でも綴じ方の丈夫さは参考になります。