無線綴じ冊子がどんなものか説明します

冊子には色々な種類の物があり、その用途もさまざまです。個人用の物、配布用の物、趣味の人達で作る同人誌、定期的に刊行している物、というように多くの目的によって冊子も分かれています。そしてこのような冊子を作る時には、印刷作業とは別に製本作業が必要になってきます。製本の方法の違いによって、冊子を様々な適した形態にしていくことができるのです。そして見栄えのする物や耐久性のあるしっかりとした冊子を作ろうと思えば、製本専門の業者に依頼をすることが多いでしょう。表紙がハードカバーと呼ばれる長期保存に適している冊子や、素材を工夫して高級感のある物を作成するといった具合に、専門の業者だと細かい冊子への要求に応えてくれるノウハウが豊富にあるので安心です。無線綴じ冊子というのもその中の製本方法の一つで、製本の際に線(糸や針金)を使用しないで冊子を作る方法のことを指します。

無線綴じ冊子や中綴じ冊子などの適した製本方法を選ぶ

無線綴じとは、このように背を糊で接着して製本する綴じ方ですが、それに対して、針金や糸を使用して製本する綴じ方は、中綴じと呼ばれています。また冊子を作るときには、表紙がハードカバーと呼ばれる物だと長期保存に適していますし、布や革など素材を工夫して雰囲気のある物に仕上げる製本もあり、表紙によって印象も変わってきます。この表紙に関しても、無線綴じ冊子に製本する場合には、丁合が出来た折丁の背側に糊を塗ってそこに表紙を貼り付けていくスタイルとなります。無線綴じでの製本は中綴じと比べると、一般的にはさらに多くのページ数を綴じることが出来るので、製作物によって適している事があります。冊子の見栄えも綴じ方で大きく違ってきますので、印刷物の種類によって一番適した綴じ方の製本方法を選ぶことが良い冊子を作る基本です。

無線綴じ冊子での製本に適した物があります

無線綴じ冊子は製本の際にページ数を多くできるというメリットが大きいですので、これに適している冊子に使われることが多いです。例えば商品カタログなどはその類で、情報量が豊富でページ数が多い冊子になるので、やはり無線綴じの方が適しています。またマニュアルを詳しく載せる必要のある冊子などもこの類で、塾や学校関係のテキストや問題集、会社関係のマニュアル、など内容が豊富でページ数が増えても調整がしやすい無線綴じが適しています。また卒業文集なども本の背が糊で固めて綴じられ丈夫だという点から適しているとされています。専門の製本業者には、このような細かい冊子への仕上がり要求に合わせて応えてくれるノウハウがありますので、冊子の形態や綴じ方に悩まれている場合には、一度専門の業者に相談をしてみると良いでしょう。

外堀の桜並木や市ケ谷フィッシュセンター至近です。東京散歩のついでに弊社へお越しください中小劇団や演劇サークルの皆様、お問い合わせをお待ちしています。所属デザイナーがあなたの冊子づくりを後押し!東京都新宿区市ケ谷に実店舗あり。数々の文豪が暮らした東京市ケ谷に居を構えて40年都営地下鉄「牛込神楽坂」駅もご利用いただけます。全国送料無料展示会やイベント用のペーパーアイテムは全てお任せください三交社onlineで無線綴じ冊子を製作を作成してみましょう