圧着ダイレクトメールが普及する前は、はがきに必要事項を直接印刷したり、定型封筒内に書簡を三つ折りにしていれたりと、1通あたりに記載可能な情報量は必然的に限られていました。また、はがきは開封の必要がないため、手に取った瞬間に内容を把握することができるというメリットはありますが、個人情報が誰でも見られる状態で発送されていました。そのため、個人情報保護やプライバシーにかかわる内容を保護することはできないというデメリットもあります。しかし、最近では、a4圧着ダイレクトメールが主流になってきて、よく手に取ることもあると思います。圧着ダイレクトメールとは、主に二つ折りの紙の内側に用件を記し、特殊なのりを塗布して圧力をかけ、接着したはがきのことです。接着面をはがす時には特別な道具は必要なく、一度はがすと再び貼り付けすることは不可能ですが、簡単にはがすことができます。

a4サイズのダイレクトメールはふちのり圧着がおすすめ

ダイレクメールトを圧着するのはいろいろな方法がありますが、a4サイズのダイレクトメールはふちのり圧着とよばれる、紙のふちを糊づけする圧着方法が主流です。仕上がりサイズは、4ページとなる2つ折り、6ページとなる巻き三つ折り、8ページとなる二つ折りと二つ折りを組み合わせたものなどがあります。圧着ダイレクトメールは、封筒が扶養でそのまま発想が可能であるため、送付側の納期の短縮やコストの削減が可能になります。また、届けたい人にだけ知らせたい内容があるときや、普通はがきサイズのダイレクトメールでは情報量が足りない時などに最適です。また、最近ではミシン目をつけることで返信はがきもつけることができ、受けとった側が返信をしたいときに、簡単に切り取って送り返すことができるようになりました。

a4サイズの圧着ダイレクトメールはインパクトが大きい

a4サイズの圧着ダイレクトメールは、ポストから手に取る際にも目立つため目につきやすく、また、封書とは違い「中をめくって見たい」という心理が芽生えやすく開封率が高くなり、宣伝効果は大きいと言われています。ダイレクトメールの表面では詳しくは伏せて、中面への誘導が開封率のアップにつながると言えるでしょう。また、情報量も普通のa4サイズのものと比べると、圧着 ダイレクトメールは2倍ほどになるといわれています。二つ折りの場合はあて名面も含めて4面が使えます。さらに、個人情報や契約内容などが書かれた内容は内側に書かれているため、郵送中の他人に見られることがないため安心です。しかし、デメリットとして水に弱いため、湿気の多い時期や雨に濡れるなどした場合に圧着部分が開けなくなったり、内側の印刷が破れたりすることがあるため注意が必要です。

a4サイズの広告をふちのり圧着でそのままDMに! ダイレクトメールの印刷、加工、宛名印字、郵便番号区分、発送までまるごと弊社におまかせください! ダイレクトメールの淵にノリ付け!「ふちのり圧着ダイレクトメール」の専門サイトとなります。 DMの印刷、印字、投函までまるごとお任せ頂けます。 メールでのお問合わせは24時間受け付けております。 日本全国対応可能です。まずはお問い合わせください。 "a4サイズの広告をふちのり圧着